5.13.2020

under the harbor

アムステルダムで憧れのアートとサイエンスとその他色々の融合施設、Mediamatic より
新しい公募プロジェクトから選出して頂きました。

以下キュレーターとのインタビュー ( 全文英語 ) 記事ご覧頂けます。
翻訳はgoogleさんを頼りにして頂けますと幸いです。

https://www.mediamatic.net/en/page/377691/mariko-hori

5.03.2020

Waterleidingduinen

かつての水汲み運河が自然に変わって行くところ。鹿だらけ。

イギリスのトリエンナーレもフィレンツェの個展も来年まで延期になってしまいました。
だからと言って仕事がない訳ではなく、しかし世界と共に私のスピードもスローダウンしたので以前より忙しい。

もういっそ、金継ぎと酵母の世話 (と醸造 ) だけして隠居したい。



4.16.2020

April

暖かくなったので、自転車で何処へでも。人の居ない15kmくらい離れた所へ行くので外出自粛中でも多めにみて下さい。
あとは酵母を育て始める、元気だと嬉しくてついつい喋りかけてしまいますが、返事が聞こえない限り病院へ行く必要はないそう。

Trude Hooykaas という女性建築家の素晴らしいオフィス建築。






4.11.2020

lunch with horses

スタジオ裏でお昼にしようと思ったら向こう岸から野生の馬が泳いできて他の2匹も合流してみんなでランチ。ブランケットの下の草が特に美味しく見えた模様。

3.22.2020

artificial nature in the Netherlands


また今週もハイキングへ。待ちに待った春の陽気の中ロックダウンが始まったので行き場を無くした人々で混んでいる森。気温が上がって喉が渇いた木々達が潤っていく音が想像以上に騒がしい。




3.17.2020

Radio Kootwijk


相方の誕生日もハイキング、かつてインドネシアまで電波を飛ばしていた名建築。



3.10.2020

Contemporary Talents 9th edition

I am greatly honored to be one of the finalists from amongst the 1721 applications for the Contemporary Talents / François Schneider Foundation again !

ミネラルウォーターで有名なフランスのフランソワシュナイダー財団のコンテスト、コンテンポラリータレントに1721名の中からのファイナリストに選んでいただきました。それだけでもう身に余る光栄なのですが2回目なので欲が出てきて今年は賞も欲しいです。

3.05.2020

Folkestone triennial

イギリス南東岸のフォークストンで3年に一度開催されるパブリックアートの祭典、フォーク ストン・トリエンナーレに参加します。

I am super pleased to announce my participation in Folkestone Triennial 2020 !



3.01.2020

Landgoed De Platz en Soestduinen

森と砂丘、風についての考察。



2.14.2020

Land Art Flevoland

橋のようで橋ではないオランダ 特有の道を通って、Land Art Flevoland へ、 フェスティバルというわけではなく素晴らしい県の政策で時々アーティストに作品を依頼しているらしい。
素敵な作品多かったけどそれぞれ遠いし車でのお出かけをお勧めします。
Antony Gormley / Exposure 
Bob Gramsma / Riff, PD#18245
RAAAF & Atelier de Lyon / Deltawerk 

2.07.2020

Art Rotterdam 2020

アートフェア は1931年に完成した旧工場を改装した会場がとても素敵でしたが良い写真が撮れなくて残念。
Witte de With での展示は青色が多くてとても好きな感じ。

1.25.2020

Nature in The Netherlands

休日はほぼ森か海へ出掛けています。でも自然に恵まれている訳ではない、オランダの自然は全て人工的で整然としています。

1.01.2020

2020


あけましておめでとうございます。
2020 年。